キャリア形成資料

    

はじめに

本コーナーでご紹介する、キャリア形成支援に関する各書類は、どなたでも自由にコピーして使用して頂けます。
キャリア形成支援の実施に際して、有効活用を頂ければ嬉しく存じます。

基本的に著作権の放棄は致しておりませんが、掲載資料よりも、使いやすく・内容的に良いモノであれば、
いつでも書式変更をすべきであると考えています。
どうかその際は、差し替えて開示をさせて頂きたく存じますので、お手数ですがご連絡を頂きますよう、よろしくお願いを申し上げます。

カテゴリーとしては、以下の3つに大きく分類しています。

 1.キャリアカウンセリング関連
 2.キャリアトレーニング関連
 3.キャリア形成支援事業関連(経営資料を含む)

 

書類の使用方法・レクチャー用プログラム等々の提供につきましては、有償サービスとなりますので
詳細は、ご確認・お尋ねを願いたく存じます(同、ファイルデータ提供)。  



1.キャリアカウンセリング関連



カウンセリング実施:取交し書

キャリアカウンセリングの実施に際して、クライエントに諸注意事項の事前確認を願い、
より良い支援が可能となるように作成をした「取交し書」です。   

 
 

JCDA側に確認は取っておりませんが、「更新ポイント証明」にもお役立て頂けるのではないかと存じます。
小社においては、キャリアカウンセリングの実施で、ルームシェアをさせて頂いた際は、証明として会社印を捺印させて頂いております。  

間接部門職掌一覧

営業・販売等々の直接部門と違い、間接部門の職掌(責任担当業務)は、基本はあるにしてもその業務対象範囲は、会社毎でまちまちなものです。
職種名称に捕われることなく、職種選択や資格取得の際の参考として頂ける様に、主な間接部門(経営企画・人事・財務)の職掌一覧を作成しました。   

 
 

キャリアカウンセリング(職業支援)の実施の際にも、キャリアトレーニングの実施の際にも参考資料としてご活用頂けます。



マズロー欲求5段階説

マズロー欲求5段階説の概要一覧表とセルフチェックシートになります。

 
 

クライエントの精神的な状況を欲求5段階説より明らかにし、支援課題の発見やモチベーションUP・エンカレッジのための手懸かりに使用します。  



ジョハリの窓 対人関係における気づきのグラフモデル (適正な自己認知・対人認知)

「他者とのコミュニケーションにおいて、自分自身をどのように公開し、隠蔽しているのか」
コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な進め方を考えるために提案されたモデルである「ジョハリの窓」を
解説書とチェックシートに分けて作成しました。
「自己の気付き」のためには様々な運用方法が描けますので、シチュエーションに応じた活用をして下さい。

 
 

年齢・性別・キャリア年数を問わずに、キャリアカウンセリングの実施の際にも、キャリアトレーニングの実施の際にも参考資料としてご活用頂けます。



生年別 学歴早見表

生年(西暦・和暦)別で、一般的な6・3・3・(2・4)の学歴に伴う、入学・卒業年度の早見が出来ます(一部、予定年の記載もあり)。

 
 

エントリーシート・履歴書・職務経歴書等の記載時においてご活用下さい(1950〜1990年生まれまで対応しています)。



2.キャリアトレーニング関連



ポジティブシンキング <自己発見>

グループワーク(新卒者向き)用のキャリアトレーニングツールです。ビジネス・組織発想を前提とした、実践的な物事の捉え方 (見方・感じ方・考え方・判断の仕方)の感覚を養い、定着させるためには繰返し練習をすることが必要ですが、他者の価値観に 触れることにより、自己の振り返りがしやすくなります。   

 
 

【レクチャーPG 販売対象】 対象人数(1名〜)に左右されず実施が可能ですが、他者の価値観に触れることによる期待効果を持つため、 個人(1名)対象・集団対象と2つに分けて運用PGを用意しています。 会社の入社前研修〜新入社員研修に適しています。  

1.ビジネスの基本

「1.ビジネスパーソンとして求められる姿」 ・ 「2.創造提供型人材となるために」 ・ 「3.社会人としての自覚」の3シート。   

 
 

社会人としてビジネスの世界に立つ際の前提事項をまとめました。新卒者の方から既に社会人として活躍している方々においても、
「自己の振り返り」や「考え方の原点の確認」のためにご活用を頂けます。  

2.ビジネスマナーの基本

「1.ビジネスマナーの基本」 ・ 「2.服装と身だしなみ」 ・ 「3.基本の姿勢」の3シート。   

 
 

ビジネスマナーがなぜ必要なのか。具体的には、どうあるべきなのか。簡易チェックシートと共に活用頂けます。
新入社員研修のみならず、学生の方々の就職活動の際にもビジネスマナーは問われますので、基本中の基本として記しました。
自己理解をより深めるために、他者との間で実施する、印象管理トレーニングと合わせて活用して頂きたく存じます。  

3.仕事の進め方の基本

「1.仕事の流れ(手順)【 P-D-S 】の原則」 ・ 「2.仕事の進め方(参考例)」 ・ 「3.指示・命令の受け方」 ・ 「4.報告・連絡・相談の仕方」 ・
「5.命令・報告の基本 チェックシート」の5シート。   

 
 

仕事を進める上で基本となるマネジメントサイクルをはじめ、必須行動である「ホウ・レン・ソウ」をチェックシートと併せて用意致しました。
仕事開始前の事前の知識情報 〜 入社直後の個人的な振り返り対応まで可能となっています。
学生の方々には、アルバイト先の状況確認を通じ、シュミレーション対応を図ることで、よりリアリティが高まります。  

4.組織の基本

「1.組織階層と主機能」 ・ 「2.社会・組織人として必要な 「 6大意識 」」 ・ 「3.質の高い仕事を目指す」 の3シート。   

 
 

「組織とは何か」その機能を知り、組織のなかでどのように考え・歩み、自己実現に繋げていけば良いのかといった流れで記しました。
キャリアトレーニングの実施時に各ポイントを深く掘り下げる事が出来るような全体構成を致しましたので、
実務トレーニング資料としても、キャリア形成を考えるための前提資料としても、どちらにも活用が可能になっています。  



3.キャリア形成支援事業関連(経営資料を含む)



【Discussion Paper】キャリア・コンサルティング業界形成のための考察と検討案

本書は、より良いキャリア・コンサルティング業界形成のために、 関係各方面にて活発な議論を喚起し具体的な行動に繋げることを目的として作成・公開を行った、ディスカッション・ペーパーです。

特に活動が期待されているキャリア・コンサルタント技能士会においては、今後の業界形成の主軸を担う可能性も大きいかと思います。
民間キャリア形成支援事業者から見た業界形成のあるべき姿をキャリアウィングの経験則により、余すとこなく綴りました。
キャリア・コンサルティング業界関係各位にご検討・ご活用頂ける内容ではないかと存じますので、有効活用をして頂ければ幸いに存じます。
  

 
 

キャリア・コンサルティング業界形成のための考察と検討案
〜 キャリア形成支援が社会認知を得て、効果ある支援を届けるために 〜


  A. キャリア形成支援の全体像から見た課題形成(192 KB)
  B. キャリア形成支援の業界形成に向けた具体的な検討諸案 キャリア・コンサルタント技能士会に関わる課題形成(132 KB)

    ※活用に関する注意書きは、各書、表紙に記載させて頂いております。

月次:予算・実績管理書

経営数値管理の基礎書類として、事業開始時の予算組みや、月次の営業管理書としてお役立て頂きたいと思います。
キャリア形成支援の営業品目により科目の立て方に違いも生まれてくるかと思いますので、ご自分なりにアレンジをしてみて下さい。   

 
 

年次PLについては、書式を入れ込んだ方が使いやすいと思い、ここではあくまでも短月収支のみを見れるようにしました。

請求・領収書(併用使用版)

個人事業としてキャリア形成支援サービスを行なう際にも、取引状況、特に金銭授受に関しては、必ず書面を残す必要があります。 使用は、市販のもので十分ですが、急な必要が生まれた時にはダウンロードしてお使い下さい。   

 
 

消費税の扱いについては、各自でお調べ頂き、誤りのない対応を心掛けて頂きたいと存じます。