キャリア開発支援メニュー


支援メニュー一覧

    

1. エンプロイアビリティ(労働市場価値)に基づく、キャリア戦略(人事・労務制度・環境づくり)開発
2. 新卒者・中途採用者の社員採用業務サポート
3. 人事担当者育成
4. キャリアカウンセリング(労務管理)のアウトソーシング
5. 病中・病後の社員のケアサポート
6. キャリア形成促進助成金に関するコンサルテーション
    

経営・人事担当者・マネージャー対象のキャリアカウンセリングの実施に向けて





1. エンプロイアビリティ(労働市場価値)に基づく、キャリア戦略(人事・労務制度・環境づくり)開発


経営計画に応じた社員の能力開発は、社員個々のキャリアプランと合致させる事により、高いモチベーションと
成果を期待することが出来ます。
これこそが社員の「キャリア開発」の目的であり、生産性の向上を目的とするものになります。

事業計画・売上/利益計画・組織体制/人員計画をもとに、エンプロイアビリティ(労働市場価値)に基づき、
経営・組織変革に対応した成果・業績を生み出す、組織活性化のためのキャリア開発戦略として、

  1.個人・組織の現状分析の実施・把握を行ない
  2.人事・労務制度の設計・開発・実施支援 をいたします。

   ※ ISOの導入に応じた諸事対応も可能です。





2. 新卒者・中途採用者の社員採用業務サポート


新卒者採用の企業説明会・グループ面談・内定者ケア・採用選考等の年間を通じた業務サポートから、中途採用者の面接の立会い〜選考判断ケアまで、 採用ミスマッチを回避するための、エンプロイアビリティ(労働市場価値)に基づく対応を行います。

 ※ アセッサー対応につきましては、キャリアカウンセラーズ・ネットワークにより全国対応が可能です。




3. 人事担当者育成


人事は、閉鎖的な特性を持つセクションであり、各企業毎に職掌に大きな違いがあることから、 秀でた人事担当者を社内育成するには時間もコストも大きく掛かってしまいます。
人事実務のケア・テーマ別レクチャーを通じ、経営が求める人事機能の構築と担当者育成を実施いたします。



4. キャリアカウンセリング(労務管理)のアウトソーシング


労務管理の一端とした、キャリアカウンセリング(労務)のアウトソーシングを受託いたします。
組織的な利害を含んで、社員個人の精神的なケアを実施し、労務効果を上げる事は、非常に難しいことであるといえます。
キャリア・カウンセラーは、組織的な利害を超え・守秘義務を担う外部機能として、社員個々へのストレスマネジメントに対応することが可能です。
365日・24h開放のオフィス環境での対面式ケアをはじめ(横浜オフィス使用時)、電子メール・WEBカメラ・電話等々の利用によるケアまで、 様々なインフラを用意し、企業状況に対応した実施を行ないます。

  ※ 横浜オフィスでの対応が可能な企業におきましては、社外カウンセリング室としてご利用いただけます。



また、職務的にも大きなストレスを抱え込みがちである、経営・人事担当者・マネージャー対象のキャリアカウンセリング(メンタルケア)の実施も 経験を活かした実施対応をいたします。



5. 病中・病後の社員のケアサポート


個人情報保護法案の流れを受け、入院中・予後における病状確認と職場復帰時の種々の組織調整を図る事は、「命」に触れる内容も含まれ、なかなか難しい状況があります。
キャリアウィングでは、医療系関係者をバックブレインに抱え、病中・病後の精神的にも揺れてしまいがちな社員個人の心のケアと 組織との適正な調整を図り、双方にとって転機をプラスに作用させるべく、将来のキャリア形成にむかい最善の支援を実施いたします。

  1.企業からの委託を受けて、キャリアカウンセラーが直接社員に対応する
  2.人事・労務・所属長等の方々に対応アドバイスを実施する

情況に応じて、2つのケース対応をご用意いたしています。



6. キャリア形成促進助成金に関するコンサルテーション


企業内における労働者のキャリア形成の効果的な促進のため、その雇用する労働者を対象として、目標が明確化された職業訓練の実施、 自発的な職業能力開発の支援、職業能力評価の実施又はキャリア・コンサルティングの機会の確保を行う事業主に対して助成金が支給されます。

キャリア形成支援の積極的な導入をご検討頂く一助として、コンサルテーションの実施をいたします。

独立行政法人 雇用・能力開発機構
能力開発に関する助成金等





 経営・人事担当者・マネージャー対象のキャリアカウンセリングの実施に向けて


私のビジネスライフを振り返ると、若輩にもかかわらず常に周りの方々に恵まれたおかげで、
20代半ばより20数年間に渡り、経営に携わることが出来ました。
経験的に自己成長を一番遂げることが出来たのは前職かと思いますが、
ベンチャー企業として、店頭公開の御旗の下に創業期から一部上場まで10年弱で駆け上がりました。

その代償としてか、自律神経が壊れ始めているのに気づきながらも、意識的に変調を押さえ込むような、
仕事漬けの日々を過ごしていました。
心身のマイナス信号に対し、マイナス×マイナス=プラスとばかりに、まるで、自分が操縦士として、
自分ロボットを動かしているような感覚の日々・・・

当時、キャリア・カウンセラーに出会えていたならば、私自身の生き方は確実に変わったと思います。
もっと自分を素直に解放し、偽りのない自分を振り返り、本当の自分自身として過ごせる環境や機会があったなら、 また違った形での仕事が出来たのかとも思います(もちろん後悔はしていませんが!)。

過去、多くの経営者・管理者の方々にお会いし、お話しをお聞きする機会のなかで、 内面バランスが上手く図られている方は、経営実務の推進においても、 おおらかで大胆、且つ、繊細な組織運営をなされるなぁと感じるに至っております。

もしもあなたの内面にふとよぎる自己不一致を感じられたならば、 キャリアウィング 吉田とのキャリアカウンセリングを描いてみて欲しいと思います。

キャリアカウンセリングは、経営組織の利害に捕われるモノではありませんので、自分自身を偽る必要もなく、
ありのままに全てを開示して話し合える時間を提供させていただきます。
キャリアカウンセラーには、守秘義務を負っていますので、本当に気兼ねなく色々とお話をさせていただけます。

キャリアウィング 吉 田  但


Career wing