キャリアカウンセリングの種類・方法


実施方法ごとの特徴について


キャリアカウンセリングは、対面式を基本として、「メール・電話・WEBカメラ」等を利用した実施があります。

メールや電話のカウンセリングの場合、身近、手軽さ、場所や環境に制約されないといった、 ある種、プライバシーにガードが掛けられる等々の利点が挙げられます。
反面、文字・会話だけの限られた情報のやり取りになるため、情報内容によっては、印象形成が大きく左右され
てしまい、相互理解への誤解・誤差を生みやすいといった傾向も生まれがちとなります。

実施種類ごとの料金については、実施先によって個別の差がありますので確認が必要です。
一回あたりの料金の確認は、事前に可能かと思いますが、併せて継続的な支援を受けた場合の概算総費用の
2点を初回面談実施後に確認出来ていれば安心して継続支援を受けることが出来ます。
不安を残したままでは良い支援結果が得られませんので、この点は、遠慮することなく確認をしてみましょう。


カウンセリング方法を選択する上で、もしも時間やお金に制約が少ない場合は、対面式を基本として考え、
初回面談は、対面式で実施し、その後のやり取りにおいて調整が難しければ、メール・電話を利用するような
活用法が望ましいのではないかと思います。





    

キャリアカウンセラーが実施する様々な支援内容


キャリアカウンセラーが実施するキャリア形成支援サービスの提供内容には、メンタルケアとしてのカウンセリング以外にも、 就職活動支援としての、「模擬面接」や「応募書類の添削指導」や「ビジネスマナー訓練」等々、様々なものがあります。

あなたのニーズや諸情況によって、キャリアカウンセラーの得意分野の確認が必要となりますし、 実施先によって、支援内容や料金の設定もそれぞれ違いがありますので、詳細を確認をするようにしましょう。

あなたのキャリア課題の達成に向けた、その後のことも視野に入れながら、キャリア形成支援をうまく活用して、
あなた唯一のキャリアデザインを描いて欲しいと思います。





Career wing